お知らせ

ありがたいことに2017年も色んなところで演奏させていただく機会がありました。

IMG_2163.jpg 

IMG_2509.JPG

IMG_3246.JPG

前半は2016年11月に発売した僕のアルバム「O Viajente do Verão 〜夏の旅人〜」のリリースツアーでした。レコーディングメンバーの木村純さん(Gt)、服部正美さん(Dr)とのトリオを中心に、原かのこさんやRyu Mihoさんをゲスト・ヴォーカルに迎えたスペシャル・ライヴを毎月のペースで開催し、加えて5月には純さんを宮崎にお連れしての南九州ツアーを敢行しました。

IMG_6780.JPG

7月にはKarenさん(Vo/Gt)のお誘いで彼女のルーツがあるという奄美大島での野外ライヴを含むツアーを今村さつきさん(Pf)とのトリオで開催し、素晴らしい自然環境の中で楽しく演奏させていただくことができました。たまたま奄美大島滞在中の宮崎由紀子さん(Vo)の奇跡のシットインもあって最高の日々でした。

IMG_7191.JPG

8月には中目黒「楽屋」で奄美大島でのトリオに木村純さん・服部正美さんを加えた、僕の前半の活動を総括するような豪華なライヴを大盛況のうちに終えることが出来ました。このときはたまたま誕生日が近かった純さんを皆でお祝いすることが出来たのも良い思い出です。

0137_xlarge.jpg

また、2月に赤羽泉美さん(Fl)のアルバムのレコーディングに満島貴子さん(Fl)と一緒に参加したことがきっかけで生まれた「フルート3本+ピアノ」によるブラジル音楽ユニット:「フルート・パラダイス」も、仕掛人の今井亮太郎(Pf)さんの驚異的なアレンジセンスであっという間にレパートリーを増やし、泉美さんの地元・長野県でのお披露目だけでなく、東京でもライヴを開催。フルート・アンサンブルの楽しさに改めて目覚めた年でもありました。

22553494_1550610708367190_861049661_o.jpg

10月には渋谷の「Living Room Cafe」で「3組のボサノヴァ・デュオによる競演」という面白い企画があり、こちらも大盛況で終えることが出来ました。原かのこさんと永田ジョージさん(Pf)のデュオ、Midoriさん(Vo)と露木達也さん(Gt)のデュオ、そしてKarenさんと僕のデュオで、それぞれに演奏したり一緒に演奏したり。次回が期待できる企画でした。

IMG_8231.JPG

11月には今年2度目の帰省ライヴ。恒例の地元公民館でのライヴには奄美大島でのトリオに加えて日高慶子さん(Vn)、浜砂なぎささん(Vc)、中山千佳子さん(Fl)を迎えての豪華編成で、80人近い地元のお客様に色んなジャンルの音楽を聴いていただきました。

IMG_3107.JPG

IMG_3387.JPG

その他、写真がありませんが(よく集合写真を撮り忘れるのです…)、9月の「VAMOSブラジる!?」や、今年は雨の中での開催になった10月の飯能のお寺でのKarenさん&RINDA☆さん(Perc)との毎年恒例の無料ライヴ、久しぶりに開催された盟友:阿保拓(Dr)のAORやりたい放題ライヴ「阿保拓オールスターズ」(2Daysを共に満席にして大盛り上がり!!)、それから僕の原点の一つでもあるテクニカルなサンバ系フュージョンなどを趣味に走って演奏しまくるリーダーライヴなど、どれも本当に楽しく演奏させていただきました。特に最後の企画では木川保奈美さん(Perc)、イデノアツシさん(Perc)、大森輝作さん(Ba)など、凄腕のリズム隊の皆さんに助けていただきました。それから今年の1月に初めて演奏を聴いて惚れ込み、この1年で何度もご一緒していただいた上長根明子さん(Pf)にも本当にお世話になりました。

まだ上でお名前を挙げていない多くのミュージシャンの方とも共演の機会をいただき、それぞれに学びがありました。僕の力不足でお客様がパラパラ…の日もありましたが、関わったどのステージも素晴らしい演奏の中に身を置くことが出来て幸せでした。

そして、言うまでもありませんが、僕が企画したものとそうでないものとにかかわらず、会場に足を運んでくださったお客様と各会場の関係者の皆さんにも心からお礼を申し上げます。おかげさまで楽しくステージに立たせていただくことが出来ました。本当にありがとうございました。

皆さまにとって、来たる年がより良い毎日でありますように。

【LIVEのお知らせ♪(1/26)】Bossa Nova for Winter 〜凍えそうな夜のための、優しく暖かなボサノヴァ〜

《日時》1/26(金) 19:30〜/21:00〜(入れ替えなし)
《場所》吉祥寺Strings (武蔵野市吉祥寺本町2-12-13 B1F)
《料金》¥3,200(+ご飲食代)
《出演》
 ・川満直哉(Fl/Sax)
 ・太子きよ(Pf)
 ・木川保奈美(Perc)
 Guest:
 ・原かのこ(Vocal)

-----

2018年の最初のリーダーライヴは、いつもお世話になっている吉祥寺「Strings」で。優しく丁寧なピアノが印象的な太子きよさん、ハジけるような勢いと音選びのセンスが素晴らしいパーカッション・木川保奈美さんとのトリオでお届けします。

さらに、昨年はジョビン作品集をリリースして多くのファンを魅了したヴォーカルリスト・原かのこさんがゲスト参加。心に沁みる優しく暖かなボサノヴァ・スタンダードを中心にお届けしたいと思います。

ご予約はお店や出演者への直接のご連絡はもちろん、本Webサイトの「ご予約・お問い合わせ」欄からのご連絡でも承ります。皆さまのお越しをお待ちしております!!

2週間あまりにわたる今回の宮崎滞在も今夜で終了。明日の昼には東京に戻ります。宮崎もこの2週間で随分と冷え込むようになりましたけど、東京はもっと寒いんだろうなぁ。ああ嫌だ嫌だ。早く夏にならないかなぁ~(恒例のグチw)。

今回の帰省では自分たちで企画したライヴが3本、ゲスト出演が1本、その他にレッスンや福祉施設での慰問演奏などもさせていただき、大変充実した日々を過ごさせていただきました。16日の宝塚公民館でのライヴには80名近いお客様にお越しいただき、翌17日の「萬喰」さんでのディナー&ライヴも満席をいただきました。20日の「音」さんでのライヴも急な告知で月曜の夜という悪条件にもかかわらず多くのお客様に楽しんでいただくことが出来ました。

もちろんこれらは僕ひとりの力で実現したものではなく、快く共演してくれたミュージシャンの皆さん、場所をご提供くださった地区の自治会や各店舗の皆さん、あれこれ協力してくれた家族の支えがあってのことです。この場を借りて心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

また、出演したライヴやお客さんとして聴きに行ったライヴなどでは、宮崎で活動するミュージシャンの方や音楽好きの方々にも数多くお目にかかりました。また帰省した際に再会できることを期待しています。一方で、滞在中ご挨拶に伺うことが出来なかったお店や会えなかった友人などもまだまだいるのが心残りですが、次回を楽しみにまたしばらくは東京で頑張ってきます。今後とも宜しくお願いいたします♪ヾ(*´▽`*)ノ

F43E55ED-DC0C-47C0-BC61-2417B6D363D0.jpeg

写真は今回も大活躍の当家のマネージャー(=母親)と、椎葉村の女神像公園にて。自撮り棒を持って行った甲斐がありました(笑)。

★緊急・宮崎の皆様へ★【Liveのお知らせ♪(11/20)】

《日時》2017年11月20日(月) 21:30〜 (開店21:00)
《場所》Piano Lounge "OTO" (宮崎市中央通8-25-208)
《料金》投げ銭制(+飲み放題¥4,000)
《出演》川満直哉(Flute/Sax), 藤川一幸(Guitar), 藤川亜希(Piano)

-----

宮崎に帰ってきた当日にご挨拶に伺ったニシタチのピアノバー「音」さんで、宮崎でも活動するようになってからずっとお世話になっている藤川一幸さん(Guitar)・藤川亜希さん(Piano)ご夫妻とトリオでのライヴを開催することが決定しました♪ヾ(*´▽`*)ノ ただただ焼酎を飲みに行っていたわけではないのです(笑)。

11/16(木)の宝塚公民館、11/17(金)の「THE 萬喰 Dinning」でのディナー&ライヴも非常に良いものになりそうで自分でも大変楽しみなんですが、残念ながらどちらもご都合が…という方、こちらは平日の遅めの時間スタートですがいかがでしょうか?^^ お仕事帰りに、あるいは既にどこかで1杯やっての2軒目に、心暖まる楽しいジャズやボサノヴァの調べを聴きにいらしてください♪

のんびりと聴いて楽しみたい方はもちろん、楽器を持ってお越しになれる方も大歓迎です☆ どうぞお気軽に「音」まで足をお運びくださいね。お知らせが1週間前になってしまいましたが、どうぞ宜しくお願いします〜♪m(_ _)m

僕の1st Bossa Novaアルバム「O Viajente do Verão 〜夏の旅人〜」は、間もなく発売1周年を迎えます。おかげさまでご購入いただいた方からは大変ご好評いただいておりますが、自主制作で流通に出していない商品のため販路が限られており、広い範囲のお客様にはお届けできていないのが難しいところ。

そもそも「CDが売れない」と言われて久しいこの時代に、わざわざプレス代をかけて盤を作ってライヴでちまちま売って行商かよ…と揶揄される向きもあるようです。それもまた一面の真理だろうとは思います。ですが、僕がこのアルバムを作る際、プロデュースをお願いした木村純さんから頂いたのは、

「我々の音楽は今の流行りものじゃないんだから、何年経っても売れるときは売れるし、ライヴのときにそういうものがあるというのはお客さんにとっても良いことなんだよ」

という心強いお言葉でした。

まあ僕の場合はこなしているライヴの本数自体が純さんのように多くはありませんし、歌の伴奏で出ているライヴではなかなか僕のCDまでは購入に手が回らないというお客様もいらっしゃいます。そういう意味では、逆に潜在的にはご購入いただける可能性のあるお客様の方が圧倒的に多いとも考えられるわけで(←ポジティヴ思考w)、これからも自分を信じて地道に頑張っていこうと思います。

「あいつ商売する気あるのかよ」と歯がゆく思っている身内など各方面の皆様にもご恩返しができるよう、販路の拡大も含めて自分なりにあれこれ頑張ります。今後ともご支援のほど、宜しくお願いいたします!!

-----

【商品名】「O Viajente do Verão 〜夏の旅人〜」(RMRX-001 )

【発売元】Office RIMROUX

【プロデュース】木村純

【録音・マスタリング】滝口実 (2016年8〜9月、自由が丘「STAGE 悠」にて制作)

【収録曲】
 1. ジェット機のサンバ (Samba do Avião)
 2. 海のそよ風 (Brisa do Mar)
 3. 愛しの海 (Mar Amar)
 4. 月と砂 (Moon and Sand)
 5. てぃんさぐぬ花
 6. 二人と海 (Nós e o Mar)
 7. 生きる歓び (Alegria de Viver)
 8. 空を見上げて (Olha pro Céu) 
 9. 夏 (Estate)
 10. 童神(わらびがみ)
 11. 大いなる海洋 (Oceano)
 12. マンタのサンバ (Samba da Manta)

【演奏】
・川満直哉(Flute/Alto Flute/Piccolo/Soprano Sax/Alto Sax/Tenor Sax/EWI/Keyboard/)
・木村純(Guitar)
・服部正美(Drums/Pecussion) on Track 1, 4, 7, 11

【価格】¥2,700(¥2,500+tax)
※ライヴ会場でお求めの場合はお値引きします。

1 2 3 4
トップへ戻る